2008年09月28日

ピック改造してみました。

まず用意したものは、

1・ピック

2・きり

3・カッター

4・やすり
pickjyunbi.jpg
です。カッターは撮影し忘れました(笑

まずはきりでせっせとど真ん中に穴を開けようと。
pickhatu.jpg
せっせと頑張っていると貫通しました。
pickkantu.jpg
次は反対からグリグリと。

やっとのことで大きな穴が開きました!
pickana.jpg

このままだと穴の周りが飛び出たままで全然ピックをつまみづらいので、飛び出ている部分をカッターで削って、さらにやすりで綺麗にして・・・・

完成です!
pikaikan.jpg

やっぱり穴を空けただけあってつまんだ感じは全然違いますね!

さてさっそくこのピックで弾いてみました〜。

感想は、まだ慣れてないのでなんとも言えませんが、確実にピックの滑りは減りましたね。

なので慣れてしまえばこの改造したピックの方が使いやすいかもしれません。

こんな感じで自分が1番気に入るピック探しをまだまだ続けたいと思います〜。
posted by スラッチュ at 18:47| Comment(0) | ギター改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピック改造計画

今日は先日購入したIbanez Heavyのピックをメインに弾いてみて思ったことがあります。
このピックなんですが。
ibanezheavy.jpg
すごく弾きやすいなぁ〜って思ってたんですが、1曲通して弾いていたらちょっと弾きにくいなと思った点が1点。

滑り止めが凄い効いてるのはいいことだったんですが、演奏中にちょっとピックがずれたりしたときに持ち直しずらいってのが・・・

なので滑り止めが強すぎても正直な所使いにくいのかなぁなんて思いました。

私はバッキングのときと、ソロの時でピックの持ち方を変えるので特に気になってしまいました。

そこで。
このピック「Jim Dunlop JazzV」
jimdunlop3.jpg
これはソロは弾きやすいが、バッキングのように結構ラフに弾く時に少し滑りやすい気がしているのが難点なんです。

そこで。
jimdunlop3kai.jpg
こんな風に穴をX JAPANのギタリスト故HIDE氏のピックのように穴を空けてみたらどうなんだという。

ちなみにこれは画像編集したものなので実際に穴を空けてみたわけではありません。

このピックが適度な滑り止めを装備すればかなりしっくりくる気がします!

まぁカッターとかで斜めにクロスするように傷をつければそれなりの滑り止めにもなると思いますが、画像で試してみたら結構かっこいいので是非トライしてみます。

明日にでもやってみようかな(笑
posted by スラッチュ at 01:36| Comment(0) | ギター改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

PU交換でギター改造計画

私のギターはこれなんですが。
ピックアップ(PU)は黒のシングルコイルを2本セットではないかと予想しているんですが。
burnyles.jpg

なんか遠目に見るとボディのあたりが真っ黒でちょっと寂しい感じがするんですよねぇ〜。しませんか??

記憶を辿るとおそらくエアロスミスのジョーペリーモデルだったかな(汗 ちょっと曖昧ですが)。

で。

これをなんとかもうちょっとボディに味気を出したいなと思っているわけです。

なのでピックアップをシルバーのものに換えてみようかなぁ〜なんて思ってるわけですが、PUってのも意外と高価な物らしいので失敗したら嫌なのでちょっと下手くそなりに合成してみましたw

合成源はGibsonのハムバッカ−?PUです。

こんな感じですか。
burnyleskai.jpg
なんか逆に安っぽくなってしまった気もするような・・・ちょっと目立つようになったような気もするような・・・

む〜。意外によくわかんないなぁ。

ボディの右下についてるVOLUME?のつまみをゴールドとかに換えてみるのも手だな。

それからPUをシルバーに換えるならブリッジもシルバーに換えた方がいいのかな。

とりあえず。

貧乏なのでそこまで改造する資金がないんですが・・・

なんとかもうちょっとゴージャス感のあるギターにしたいと計画中です。
だって撮影しててもギターが真っ黒で全然目立たなくてかわいそうなんだもん。
posted by スラッチュ at 02:00| Comment(0) | ギター改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。