2008年09月27日

YAMAHA LL-6JS

大学時代に購入したアコースティックギターです。
なんかサウンドホールの中にLL-6JSと書いてありましたがこれが型番なんでしょうか。わかりませんw
acogi.jpg
タバコサンバーストというんでしょうか、チェリーサンバーストというんでしょうか。こういう色が好きですね。


はいこちらはヘッド部分です。
acogihe.jpg
なんかYAMAHAの下に「L」とありますが、確かこれはYAMAHA「Lシリーズ」とかいうのがあってそのことを示すものだったような気が・・・気がするだけです。

最近はまったく弾いてなくてかわいそうなんです〜。
こちらボディのアップ画像。
acogibo.jpg
最近あまり弾かないので弦を緩めてあります。
普通に張ったままだとネックが反ってしまうらしいですからね。弦が錆びてきて、フレットも少し錆びてしまってるような・・・

今度自分でメンテナンスしてみます。

大学時代にミスチルとかユズとかを弾き語りしたときに使用してたくらいですね。

確かこれも5〜6万したような記憶がします。が!曖昧な記憶です。

確か当時スロットの大花火の設定5を掴んで10万コースだった日の次の日にそのまま友人に勧められて購入した思い出が・・・

今思えばもっと安いストラトギターを購入しておけばwなんて思ったりもしますけどね。

でも音はガツンと出ていいですよ!
やはりボディがデカいのでガーンと響くいい音がするんですね。

このギターを調べてみたらもう製作されてないようですね。

公式のYAMAHAのページにて旧製品となってました。

「Lシリーズ」は結構なブランド力があるようで、値段はピンきりですがかなりの本数が製作させているようです。


その他の「YAMAHA Lシリーズ」

posted by スラッチュ at 16:44| Comment(0) | 所有ギター紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Burny ジョーペリーモデル

どうやらジョーペリーモデルで間違いないようです。
burnyles.jpg
最近新しくジョーペリーモデルが発売されたようですが、私のは古い型ですね。新しいモデルについては記事後半で。

ヘッドはこんな感じになってます。
burnyhead.jpg
この「Burny」っていう字がかっこよくて好きなんですね〜。
Xが大好きだったので、故HIDE氏のモッキンバードのヘッドに輝く「Burny」の文字が印象にあったんです。

それで漠然とBurnyはいい楽器なんだなぁと思っていたわけです。


こちらはボディ画像です。
burnyhe.jpg
遠目には真っ黒に見えるギターですが、実はトラ目なんですね。
この実はトラ目ってのに当時やられてしまい購入しました。

しかし今はブリッジとかPUをシルバーにしてみたいなぁ〜なんて思っております。

PUセレクターとかなら結構安く改造できたりするのかな?
今後に期待です。

確か当時で5〜6万だったような記憶が・・・さすがに12年くらい前のこととなると記憶が曖昧で申し訳ないです。

で、どんなもんかと自分のギターをググッてみたんです。

そうしたら「Fernandes BURNY RLG-50JP」なんてのがでてきまして。
値段も私が購入したときよりもグっと安くなってるし(涙
これ私のギターと似ているけど全然こっちの方がかっこいいじゃないですか!!

ショックです(涙

私のギターよりもボディが茶色っぽくて、トラ目も結構しっかり見えて。しかも!ヘッドになんか書いてあるじゃないですか、Burnyの文字の下に。

これの方がかっこいいなぁ。

どうやら最近発売されたものらしいです。

値段もおそらく自分のものと同程度な気がするのでなおさら残念です。

>ギター初心者の練習日記TOPはこちら
posted by スラッチュ at 16:30| Comment(2) | 所有ギター紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。